整体師の資格を取って手に職を付けよう|感謝される職業

男女

様々な心の問題に対応する

カウンセリング

カウンセラーになる方法

ストレス社会と呼ばれる現代において、学校や会社、それ以外にも様々な場所で心理カウンセラーが活躍しています。心理カウンセラーの仕事は、日常生活の悩み相談から専門的な知識を要する精神疾患の治療まで多岐にわたります。そのため、ひとくちに心理カウンセラーといっても様々な種類の資格が存在します。一番有名なのは臨床心理士ですが、基本的には日本臨床心理士資格認定協会が定めた大学の大学院を卒業し、資格試験に合格することで習得できます。病院で精神疾患の治療に携わったり個人でカウンセラーとして開業している場合はこの資格を持っていることが多いです。大学院に通わなくても、通信講座や専門学校で勉強して試験を受けることで習得できる心理カウンセラーの資格もあります。こちらは臨床心理士に比べ取得の敷居が低く、治療以外の幅広い分野でカウンセラーとして活躍することができます。いずれも、様々な原因で精神面や体調面に異常をきたしている人たちを、心理的な知識をもって治療や解決に向けてサポートする点ではとても心強く魅力があります。

心の問題の発生要因は様々

心理学的な知識を用いて心の問題にアプローチする職種は、心理カウンセラーをはじめ相談員、心理士、メンタルカウンセラーなど様々な呼ばれ方をしますが、職種の呼び方がそのまま資格名を指すわけではありません。カウンセラー自身が自分の職種をどう名乗っているかではなく、その人が持っている資格に着目するとどのような知識を持っているか、どのような分野のカウンセリングを行っているのかが大まかに分かります。心理カウンセラーの資格取得を考える場合は、どこで勉強するのか、その授業内容にはどのような分野が含まれているのかを確認する必要があります。例えば思春期や学校で生じやすい心の問題、会社勤めで生じやすい心の問題、ストレスの発生する人間関係も夫婦なのか親類なのか知人なのか個人なのかによって、対処の仕方も変わってきます。心理カウンセラーの資格にいくつもの種類があるのは、このように心の問題を抱える上でその人の環境、立場、性別や年齢などリスクとなりうる要因が多岐にわたるためで、それらに細やかに対応できるよう様々な資格が用意されているのが特徴です。