整体師の資格を取って手に職を付けよう|感謝される職業

女性

自分の腕で生きていく

男女

手技療法を極める

高齢化に伴い、肩こりや腰痛、関節の痛みなどと言った体の不調を改善する整体師の需要は今後もますます増えていく事が予想されています。痛みは仕事をする時だけでなく、日常生活を送るうえでも大きな支障となるものですので、その改善に努める整体師は社会的貢献度の高い仕事ともいえるでしょう。整骨院や接骨院で保険診療を行う事の出来る柔道整復師とは異なり、整体師は民間資格となるので、必ずしも資格がなければ仕事ができないというものではありません。通信教育やスクールで学ぶ人もいれば、実際に整体院などで修業を積んで技術を身に着けていく人もいるのです。また、開業するにあたっても特別な機器や設備はいらないため、少ない資金で始めることができます。

開業するなら取得したい

整体師の資格は必ずしも取得していなければならないというものではありませんが、実際に活躍する整体師の多くが資格をもって働いています。取得のための試験はそれほど難易度の高いものではありませんのできちんと勉強すればクリアできるといわれています。整体師にとって最も重要である主義をきちんと学ぶことが出来ますし、解剖学や生理学といった体の仕組みについての知識がある事で、より質の高い施術を提供できるようになります。また、自信で開業するのであれば、資格がある事を示すことでお客様にも安心して利用してもらえる根拠となります。大切なのは技術であっても経営するというのはそれだけでは難しいことですから、武器は一つでも多い方が心強いでしょう。

男女

社会人が資格を取得する

柔道整復師の資格を得ることで整骨院や病院などへの就職がしやすくなります。別の職種からの転職にも有利です。社会人が柔道整復師の資格をとるためには、専門学校に入学するか、大学・短大に入学する必要があります。

カウンセリング

様々な心の問題に対応する

心理カウンセラーはストレスの多い現代で活躍していますが、その職種は様々な呼ばれ方をしています。また心理カウンセラーの資格も大学院卒業を前提とするものから通信講座と通信の試験で習得できるものまであり、これほど幅広いのは心の問題が発生する要因が個人個人の環境に依存し、柔軟な対処が求められるためです。

看護師

2次試験をパスするには

看護学校の入試は、1次試験の筆記と作文、そして2次試験の面接という学校が殆どです。面接で中々試験をパスできないという人がいます。看護師はミスの許されない職業である為、面接官は受験生の看護師への適性と仕事の理解度や情熱を見ます。試験に臨む前に看護師の仕事や自分自身をよく知ることが合格の鍵です。